InstallShieldFAQ



インストール先に SUBST で割り当てた仮想ドライブを指定すると、1320エラーが発生
 
SUBST コマンドでで割り当てた仮想ドライブをインストール先に指定すると、以下のメッセージが表示され
インストールができません。

「指定されたパスは長すぎます:D:\A」


対象プロジェクト:基本の MSI プロジェクト、InstallScript MSI プロジェクト

 
[概要]

Windows Installer サービスは、SUBST コマンドでマップされたドライブに対してインストールを行うことが
できません。インストールのターゲットに指定したドライブが SUBST コマンドでマップされたドライブである場合、
エラー 1320 が発生してインストールに失敗することがあります。

本現象は、Windows XP 以降の OS で発生することが確認されています。

※Windows Vista の場合インストールが正常に終了することがありますが、アンインストール時に以下のメッセージが
 表示されアンインストールができなくなります。
「ファイル 'P:\config.msi\' に対するセキュリティを設定できません。」


インストール先はローカルドライブを指定して、SUBST で割り当てた仮想ドライブを使用しないようにしてください。



検索文字列:Error 1320、SUBST、仮想ドライブ
ID:00001005  |  作成日:2006/03/07(火)  |  更新日:2016/10/12(水)
カテゴリ  OS等の仕様
対象
: Exp : InstallShield Express
Dev : InstallShield Developer
DevS : InstallShield DevStudio
ISX : InstallShield X
IS10.5 : InstallShield 10.5
IS11 : InstallShield 11
IS12 : InstallShield 12
IS2008 : InstallShield 2008
IS11.5 : InstallShield 11.5
IS2009 : InstallShield 2009
IS2010 : InstallShield 2010
IS2011 : InstallShield 2011
IS2012 : InstallShield 2012
IS2012SPR : InstallShield 2012 Spring
IS2013 : InstallShield 2013
IS2014 : InstallShield 2014
IS2015 : InstallShield 2015
IS2016 : InstallShield 2016